合同会社のぞみプランニング

社会保険労務士法人のぞみプランニング

人事・労務 最新トピックス

平成27年度の監督指導による賃金不払残業の是正結果

2017-01-25

厚生労働省が、時間外労働などに対する割増賃金が支払われていないとして、平成27年度に労働基準法違反で是正指導した結果を取りまとめ、公表しました。

概要を下記でお伝えします。

==========================================
【平成27年度の監督指導による賃金不払残業の是正結果のポイント】

1.是正企業数 1,348企業 (前年度比19企業の増)
  うち、1,000万円以上の割増賃金を支払ったのは、184企業

2.支払われた割増賃金合計額 99億9,423万円 (同42億5,153万円の減)

3.対象労働者数 9万2,712人 (同11万795人の減)

4.支払われた割増賃金の平均額は、
  1企業当たり741万円、労働者1人当たり11万円

3.1企業での最高支払額は
  1位「1億3,739万円」(金融業)
  2位「1億1,368万円」(その他の事業(協同組合))
  3位「 9,009万円」(電気機械器具製造業)

◇詳細なデータや過去との比較データは下記でダウンロードできます。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000146857.html
==============================================
「1,000万円以上の割増賃金の是正支払状況」のデータを見ると、
(データは上記URLでPDFの形で手に入ります)
1,000万円以上の是正を受けた会社も184社あり、1企業当たりの平均は3,591万円ということです。

ちりも積もれば山となるではないですが、従業員がさほど多くなくても、一人の未払い残業代が年々積もっていくと、対象者が10人ほどでも、思いがけず大きな金額になってしまったりします。

まだサービス残業をさせているような状態がありましたら、お早めに対策をご相談ください。