業務案内

人事評価・賃金・退職金制度の作成

能力給、職務給、成果給等企業ニーズに応じた
人事・賃金・退職金制度のご提案及び策定します

人事制度は人を「評価」することや「処遇(給与等)」を決めるためだけのものではありません。
人の資産づくり(人材育成)」に役立つ制度でなければなりません。人事・賃金制度を策定することにより、自社の経営理念基づいた「期待される社員像」を明確にできます。

※ 相談により、社会保険労務士法第2条第1項1号、2号業務が発生した場合には、社会保険労務士法人のぞみプランニングがご対応します。

人事制度導入の意義

企業にとって「人事制度」「賃金制度」はなぜ必要なのでしょうか。
英語では Human Resource Management (「人」資源の管理)と呼ばれています。人事制度というより、むしろ、「人材資源活用制度」と表現するのが適切だと思います。要は、「人」という資源をいかに有効に活用するか、その仕組みを作ることと考えてよいでしょう。

従業員というのは、高価な機会や建物などの資産以上に企業にとっては非常に重要な「資産」です。「人事制度」はこの「人」の持つ力をできるだけ引き出すための仕組みだと定義することができます。

  • 経営者が望む社員像、管理者像を明確にし、社内に浸透させる。
    つまり経営者が他社との競争に打ち勝つために社員や管理者に望んでいる成果、行動などを社内に明示し、評価するしくみです。
  • 社員にとっては、期待されている成果や行動を知らされ、努力すべき方向が明確になります。
    そして公平な評価とそれに基づく処遇がなされ、努力のし甲斐、働き甲斐が感じられるしくみです。
  • ただし、処遇のためのものだけではありません。人を育てるという視点が重要です。
  • 人事制度に正解はありません。100社あれば100通りあります。コンサル会社が用意したひな型ではなく、自社にとって重要なものは何かを考えるチャンスです。
  • →人事制度・賃金制度は「期待する人材像」の明確なメッセージ!

「企業の風土」を創ります

人事制度は「企業風土」や「企業文化」と呼ばれる組織の価値観、行動模範を作り出します。
わが社では、やる気のある社員が当たり前の社員、協力する社員が当たり前、学習し向上する社員が当たり前、人事制度はそんな企業文化を育てます。

人事制度・賃金制度構築スケジュール例


業務案内

社会保険労務士は、人事・労務管理を専門に扱う『国家資格者』です。 安心してご相談ください。